面積のこと

1坪

 畳2帖分のことです。
 畳は地域によって大きさが違うので一般的に中京間の約3.305 785 124㎡になるようです。

 ㎡から換算する場合【㎡×0.3025】で計算します。
 施工床面積
 建築基準法上の規定はないので、各設計事務所、各ハウスメーカーによって考え方が違います。
 響屋では、延べ床面積に含まれない、ポーチ、バルコニー、屋根付きデッキ、ロフト、床下収納、ガレージなどの実際工事をしてるのに面積が算入されない部分の面積の1/2と延べ床面積を合計したものを施工床面積としています。
 施工床面積は坪単価や工事費、設計費を算出する際に、延べ床面積だと誤差がでてしまうため、使用します。1/2にせずそのまま合計するハウスメーカー等ももあるようですが、坪単価を算出する際には広い面積で割った方が価格が低くなるので気を付けてください。
 延べ床面積

 各階の床面積の合計のことです
 床面積
 壁の中心線、若しくは柱の中心線で囲まれた部分の面積で、建築基準法で規定させています。
 床面積に算入されない箇所は、吹き抜け、天井高さ1.4m以下のロフト・小屋裏収納・床下収納、玄関ポーチ、バルコニーは奥行2m以上になると算入される部分が出てきます。階段は両方の階に算入されます。
 登記上の面積はは不動産登記法によります。