材料について

 基本的に自然素材や素材を活かした材料の使用を考えています。それが、お客さんにとって気持ちいい材料かということを基準とします。
 しかし、良いと思う物は価格が高かったりしますので、すべて本物、いいものというわけにはいきませんので、予算に合わせて優先順位をつけて検討します。また、自然素材は同じものが一つとしてなく、品質にもバラつきがあるため、デメリットを理解してもらった上で使用しています。例えば、無垢の木は縮んだり伸びたりするのでフローリングなどは季節によっては伸びたり、縮んだりすることもあります。塗り壁は、汚れが落としにくく、割れやすかったりもしますし、無垢の木との取り合いにスキマができることもあります。
 自然素材はそれらをふまえて上手く使って、つきあっていくことが重要だと思います。そういう物だと思えば気にならないものです。
 それでもそれらが気になる方には一年後のメンテナンス時にお客さまの費用5~10万程度かけて補修をすることをお勧めしています。