分離発注について


 分離発注方式についてですが、住宅を建てる方法って知ってますか?大きく分けて3種類あります。

①ハウスメーカーに依頼する
②工務店、建設会社に設計と工事をまとめて依頼する
③設計事務所に設計を依頼し、工務店、建設会社に工事を依頼する。

この「工務店・建設会社」にもいろいろあって、自社で設計して自社で工事をする小さいハウスメーカーのような形態、松本平でいうとア○プスピ○ホームさんや、サン○ロさん、なんかがそうです。よく広告なんかでも見ますよね。
 あと③を主にやっている工務店。自社の設計は弱く設計事務所の設計したものを工事を請け負う形態。
 私はこの3種類の会社で働いたことがあるのですが、こだわった家づくりをするのであれば、やはり③だと思いました。 現に、本屋さんで見かける住宅の雑誌に出ている建て物は、ほぼ9割が設計事務所が設計した建物です。ですが、この建て方というのは価格が高くなりがちです。工事費の坪単価70万以上あたりまえです。それに設計料が工事費の10%かかってきますので、40坪の家なら、 40坪×70万=2800万+設計料280万で合計3080万です。坪単価にすると77万です。価格を抑えてです。…普通のサラリーマンには建てられませんね。土地がなければそれに土地代。実際、私にも建てられませんでした。
 そこで目を付けたのが設計事務所が設計して分離発注方式で建てる方式でした。上記3種類の建て方にはない方法です。①②③の会社に聞いても知らない人の方が多いのではないでしょうか。分離発注方式は、①②③のように一つの会社に家を建ててもらう方式(一括発注方式)ではなく、複数の専門工事業者に直接依頼して建てる方法です。